2016年04月14日

現在、ピーナッツ 1/16カットを実施中

粒が小さい時は1/8カットだけどね。
痒みは出たり出なかったり。
なので今月は1/16カットを継続してゆきます
posted by 我が家の料理長 at 20:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー体質改善日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

今朝は1/16気持ち少なめ

今朝から1/16より気持ち少なめで今週と来週を継続することにした。
やはり先は長いな。
posted by 我が家の料理長 at 13:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー体質改善日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

ピーナッツ 1/16カット開始

2日目、舌先端に痒みを訴えたので抗ヒスタミン剤投与。

やはり、粒の大きさ差異で反応有無がある。
1/16カット気持ち少なめを1週間つづけて、来週から1/16カットにする。
posted by 我が家の料理長 at 13:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー体質改善日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

ピーナッツ3/64カット順調

免疫療法は、100%効果が出るわけじゃないし、技術が確立しているわけではない。
全卵をクリア出来たとしてもピーナッツが成功するとは限らないんだ。でも順調に推移しているからいい結果が得られそうだ。
ただし子供医療センタやアレルギー専門病院が地域にないと絶対に出来ない行為なんだよね。最初に摂取させる量を決めるのが医師でありアナフェラキシまでいかないが経過観察出来る環境(場所、人員、設備)が必要。
だから地域によってアレルギーに対する対応に格差がうまれちゃうんだと思う。
対処方法が完全除去しかないというのは僕ら親からしてみると負担も大きく、給食で起きたような事故が発生してしまうわけで。
あれなんか、チェックシート+アルファの対応再発防止、未然防止まで繋がるといいな。
親と担任のダブルチェックをすり抜けてしまったわけだから。
どうやったら防げるんだろうか。

再発防止
・給食当番は当然として、それ以外の生徒にもアレルギーの話と対策を話す。
・除去が必要な生徒用に対象となる食材表示(デカデカとイラストで)

事故発生
・担任は躊躇せずエピペン注射及び抗ヒスタミン剤の投与をする。

未然防止が難しいな。
チェック強化とか注意喚起は、無意味な対策だし。難しい。
給食時は、命に関わる事だから卵NGカードを首からぶら下げるしかないかな?
posted by 我が家の料理長 at 09:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー体質改善日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

3/64カットピーナッツ 気持ち少なめ

昨日の朝みたいにアレルギ反応出るということは、許容量オーバなので少し少なめにした。
痒がったりしてないのでオーケー。
目標1粒まで道は長いな。
posted by 我が家の料理長 at 09:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー体質改善日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする